さて、一つ目の石柱を撮影し、さらに進んでいきます。

DSC04377


また石柱を発見、二本目だからくわしく撮影しなかったのが悔やまれる。

DSC04378

神田川を渡る、その名も「神田橋」。ちなみにここは杉並区である。

DSC04379

桜が丁度満開の時期だった、川沿いの桜は美しいなあ。

DSC04380

暗渠化されている玉川上水、この桜は開渠だったころから見守っているのかも。

DSC04381

玉川上水暗渠の上は植物の無法地帯と化しています、まさに植物の
歌舞伎町
雑草だらけです。

DSC04382

甲州街道を渡り、住所が杉並区から世田谷区に変わりました。
すると、はっきりと赤文字で「水道局用地」と書かれた石柱が在ります。

DSC04383

上の画像のものと対になっています。右側の構造物にも文字が書かれているように見えてしまう・・・。

DSC04384

「東京都水道局」と書かれた石柱と、「水道局用地」。
交通量の多い幹線道路のわきに、こんなものがあるとは正直知らなかった。

DSC04385

この日は春にしては暑く、桜上水駅周辺で飲み物を購入した。
この地図の右上に見える「桜上水」からななめにまっすぐな道路がこの道路だ。

DSC04386

大草原不可避
「入ら」ないで下さい・・・、なぜそこを強調するのか。疲れた体とMTBを癒してくれた気がする。

DSC04387

ネタ系看板から少し進み、世田谷区も喜多見へやってきた。
遠くには多摩川対岸・神奈川県の丘陵地帯、遠くへきた気になる。
いずれあのあたりの城跡なども調査してみたいです。

DSC04388

少し見にくいですがその名も「すいどうばし」、野川を渡ります。
水道道路は、かなりたくさんの中小河川と交差します。

そしてついに・・・

DSC04389

フィニッシュ、乙ですたー
この道路の終点、砧浄水場前にたどり着いた。
最後は自分(ケツ)との闘い、MTB(ガバガバサスペンション)との闘いだった。

DSC04390

今度はちゃんとした自転車で来よう、そうほざくおっさんでしたとさ。

DSC04391

チカレタ・・・(小声)

                    クリックしてくれると管理人が喜びます