追悼・阿佐ヶ谷住宅

DSC05630

丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅へやってきた、普段はあまり降りない駅だが・・・
この駅から程近い善福寺川沿いには「阿佐ヶ谷住宅」が在る、
団地の名建築として有名だった(過去形)
1958年に建築されたこの団地は、ここ最近空き家が目立った。
再開発計画は数十年前からあり、解体は秒読みとされていた・・・
阿佐ヶ谷住宅-wikipedia 

DSC05629

杉並区のバス「すぎまる」は、阿佐ヶ谷住宅の敷地内を走っている。

DSC05628

少しボケているが、この道を入る。
青梅街道から分岐する。

DSC05587

杉並税務署へやってきた、この目の前はもう阿佐ヶ谷住宅跡地だ。
すぎまるのバス停も見える、親切にもイスが置いてある。
この日は雨だった、イスびしょびしょ。

DSC05588

バリケードの隙間から眺める、もうほとんど解体済みだった。
唯一、奥の方に建物が残っている。
この写真、傘が写ってしまった・・・

DSC05590

もうなんにもない、あと少し早く来れれば・・・

DSC05591

工事車両が黙々と作業を続ける、このあたりにはモダンなテラスハウス風建築が並んでいた。

DSC05592

萌えキャラかな?(すっとぼけ)
こんなところに貼っても誰も見ないんだよね、それ一番言われてるから

DSC05594

鉄筋コンクリート造りの住宅棟?だ。取り壊されるのを待っている。

DSC05595

解体現場と都会的なビル、新と旧が錯綜するそんな東京の日常。

DSC05596

今でもここは「阿佐ヶ谷住宅親睦会」、住民同士の結びつきは強い。
阿佐ヶ谷住宅解体のお知らせが貼られている、住民の方はどこへ行ったのだろうか。

DSC05597

解体作業中は、すぎまるに臨時バス停「阿佐ヶ谷住宅南」が作られている。
何もない荒野の中を、すぎまるが駆け抜けていく。

DSC05599

入れねえよ

DSC05601

工事業者が事務所として使っているようだ、何号棟だったんだろう?

DSC05600

これが「25号棟」?

DSC05605

家の残骸が、無造作に放置されている。

DSC05610

もうなにがなんだかわからない、とりあえずガレキ。

DSC05613

敷地内の生活道路、左側が現在解体作業進行中だ。

DSC05615

なにかをバラしている、なにも原型をとどめていない跡地の中で、寂しげに残る。

DSC05617

丁度家を解体している、木造の構造が丸見えだ。
素早く手際よく壊していく。

DSC05620

団地の周りを巡る道、杉並区の暗渠サインである車止めがあるが・・・

DSC05622

舗装に継ぎ目が見える、この継ぎ目の右側が暗渠かな?と妄想してみる。

DSC05624

開発の計画板だ、4年もかかるのか!
今年の3月から作業していたようだ、跡地には6階建てのマンションが建つとか建たないとか。
まあ、住民の反対運動が厳しいんですよ

------------------------------------------------------------------------------------------
高度経済成長期、日本中が活気に満ちていた時代。
そんな時代を象徴するかのように、モダンな団地が建設された。
東京から、歴史的な建築物が次々と消えていきます、悲しいなぁ・・・(悲哀)
                      クリックしてくれると管理人が喜びます

                     

杉並區成宗町

杉並區成宗

現在、この地域は「成田東・成田西」となっている。
ちなみにこの成田東・西は俗にいう合成地名であり、成宗+東田町・西田町の合成です。
行政には歴史も糞もあったもんじゃないね(ニッコリ
この表札は右書き、おそらく戦前のものだろう。
東田町・西田町は現在捜索中です、お待ちください。
                    
                      クリックしてくれると管理人が喜びます

                     

馬橋稲荷支流を歩く

DSC04179

この暗渠、実は地図にも一部記載されている。現在地は
ここ
まあ、かなりの有名物件であるのですが。

DSC04880

後ろを向くと、道路を挟んでまだ続いている。
おそらく、この道の突き当りが暗渠の始点でしょう。

DSC04881

排水用の穴が、ここがかつて水路であったことを伝えている。

DSC04180

一枚目の写真の地点からすこし進む、廃墟のような御宅の横のふさがれた道が流路だ。
バリケードの少し前から杉並区の定番・蓋暗渠が姿を見せている。

DSC04181

縦にかけられた蓋にはなにか意味があるのかな?
今蓋をあけても、水流はないはず。

DSC04182

バリケードの向こうは、一応横の御宅の敷地となっている。
荒れるがまま、雑草のオンパレードじゃまいか!
下に苔生した蓋暗渠が見える。
迂回する。

DSC04184

この区間の流路は私有地を通る、この道は平行する道だ。
この一角にはまだ、緑が溢れている。

DSC04185


大きな道を渡ると、ライオンの「とまれ」に遭遇。暗渠の道が始まる。

DSC04186

私有地内の暗渠はこういう風になっていた。汚ねええええ
軽くガラクタ置き場と化している、人間の生活とはまっこと恐ろしいものよ。

DSC04187

ここが水路だった時代からある家々は、どこも一段高く作られている。
さりげなく写真撮影する僕の姿が写っている、秘密だぞ、誰にも言うなよ!
ちなみにこの日は一人で探索した、暗渠好きなんて僕しかいないしね。

DSC04188

護岸は残っていないが、一瞬塀の下部分を護岸と見間違えた。
暗渠化はいつごろだろう、気になります。

DSC04189

全体的に苔生している、いまだに湿気が豊富です。

DSC04190

舗装に埋まりゆく錆びた階段、あゝ無常。
実際階段の意味はもうない、このぐらいの段差はまたいで登れる。

DSC04191

今でも雨の時などは水を排出するのだろう。

DSC04192

覗いてみると、中には雨水なのか水がたまっていた。
現在は、この暗渠の本流であった桃園川まで暗渠化されている。人の生活には犠牲が不可欠だ。

DSC04193

いい雰囲気の蓋暗渠が続く、蓋全部めくりたい衝動に駆られる
……いかんいかん、怒られるぞ!(自重)

DSC04194

蓋とは違う何かの構造物を発見、もしや護岸なんでしょうか?

DSC04195

本日二度目(穴も含めれば三度目)の登場となる排水パイプくん

DSC04196

塀の下部が唐突に煉瓦へと変わった、なんで?
しかもごくわずかな区間だけだ。

DSC04197

少しずつ、綺麗な水が流れ出している穴。この裏はもう馬橋稲荷だ。

DSC04198

本日(ry
このパイプはいつまで役目を果たしていたのだろう。

DSC04199

暗渠は馬橋稲荷の裏口をかすめる、なんか こうごうしい おーらが するよ!

DSC04200

夕暮れ時に来たかった、絶対美しいだろこれ!

DSC04201

神社脇を抜けると、桃園川に合流する。といっても、今は本流である桃園川も同様に暗渠だ。
橋の架かっていたところだけ舗装の色が異なっている。

DSC04202

ふと見ただけでは気づかない、暗渠入口。
細いからこそ神々しいのかもしれない、いい暗渠だった。

DSC04203

ちなみに合流する地点にかかる橋の名は「宮下橋」。

DSC04205

今回辿った暗渠が記載された地図を見つけた。
全く気付かなかったが、もう一つの小流と合流していた。


自分は暗渠専門ではないので、あまり詳しくは触れられません。
この流れ、暗渠さんたちの間では意外に有名のようです、詳しくはこちらこちらのサイトをどうぞ。
暗渠も意外に奥が深いのです、これはやりがいがある!
この暗渠、少なくとも昭和22年の時点では開渠です。当たり前だけど。



                      クリックしてくれると管理人が喜びます

                     
何人来てるかな?
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

tokyotanken

Amazonライブリンク